​当店について

信州、伊那谷、中央アルプス、小黒川渓谷にて

地元県産の蕎麦を手打ち十割で、お出ししております。

 

 

​行者そばについて

 

「行者そば」は古くからこの地域に伝わる食べ方です。

その歴史は古く、7〜8世紀頃の、修行僧(行者)、※役小角(えんのおづぬ)が修行ためにこの地を訪れ、その際にこの地に住んでいた人々に、お世話になった礼として一握りのそばの種を置いていった。という伝説があり、「行者そば」という名はその伝説にちなんでつけられました。

(※役小角(えんのおづぬ)は、日本の各地に伝説を残し、日本独自の山岳信仰である修験道の開祖として知られています。)

 

 

 

 

 

 

 

 
31-12-18-4212
31-12-18-4212
31-12-18-4212
31-12-18-4213
31-12-18-4213
31-12-18-4212